セオリーどおりにはうまくいかない 書籍 マニュアル 他のコンサルタントでダメだった方
プロフィール

偶然再会

Author:偶然再会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
相談窓口
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州中央銀行(ECB)は今週の理事会で利上げを実施することがほぼ確実視されている。ユーロ圏の一部の国の債務問題が引き続きくすぶるなかで利上げを行うことで、ECBは、債務問題ではなくインフレが最大懸念というシグナルを送るだろう。

 ECB当局者はここ数週間、今週の理事会で、主要政策金利であるリファイナンス金利を引き上げるというシグナルを送っている。リファイナンス金利の引き上げは2008年7月以来となる。

 ギリシャやアイルランドが国際的な支援を受けポルトガルもそれに続くと予想される状況で、利上げはリスクを伴う。ただECBは、周辺国へ大きな影響を及ぼすことなく段階的に引き締めに動くことが可能、と考えている。

 3月のユーロ圏インフレ率は2.6%とECBが目標とする「2%をわずかに下回る水準」を上回っているほか、原油価格も2年半ぶり高値をつけている。そのためECBは、インフレを抑制する姿勢をあらためて強調することが重要だと認識している。

 市場は、リファイナンス金利の0.25%ポイント引き上げを予想し、さらに年内2度の追加利上げがあるとの見方も織り込んでいる。

 INGのエコノミスト、カーステン・ブルゼスキー氏は「堅調な景気回復、2%を上回るインフレ率、インフレ期待の上昇を踏まえると、今週の利上げが引き締めの開始、もしくは、少なくとも正常化の始まりであることはほぼ確実だろう」と述べた。  

 <周辺国への影響>  

 ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペインなどの周辺国が金融引き締めに対してかなりぜい弱であることは間違いない。

 クレディ・スイスがテイラールールに基づき試算したところによると、ユーロ圏経済の17%に相当する周辺国の適切な政策金利はマイナス4.6%だ。一方、ドイツの適切な政策金利はプラス4.5%。

 アイルランドとスペインにおける変動金利型住宅ローンは大きな問題だ。スペインでは、住宅ローン10件中9件近くはEURIBOR12カ月物に連動している。EURIBOR12カ月物は、ECBによる引き締め観測を背景に年初から0.5%ポイント上昇しており、10万ユーロの借り入れの年間コストもそれに伴い500ユーロ増えた。

 さらに、一部の周辺国における国内銀行の財務状況悪化も大きな課題だ。アイルランド中銀は先週、国内銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果を発表し、同国の4大銀行が経済状況が悪化した場合損失に持ちこたえるため、240億ユーロの追加資本が必要になるとの見解を示した。  

 ただ、ECBは利上げシグナルを事前に送っており、住宅ローンなどの市場金利はすでに調整が進んでいる。そのため、7日に実際に利上げが発表されても市場金利はほとんど変動しない可能性がある。

 また、低金利以外にもECBは無制限の資金供給を通じて金融機関を支援し続けてきた。アイルランドの銀行への融資についても先週、同国国債を引き続き適格担保として受け入れると発表した。 

 Berenberg Bankのエコノミスト、Holger Schmieding氏は「1%から1.25%に金利が引き上げられることは何でもない。一度に3%にまで引き上げられたなら大きな問題だが、段階的な利上げは問題ではない」と述べた。

 Berenberg Bankの試算によると、0.5%ポイントの利上げがスペイン経済にもたらす年間の影響は、国内総生産(GDP)の0.1─0.2%ポイント。  

 <中銀預金金利(訂正)の据え置きなどで利上げの影響を調整>  

 ECBはさらに、他の方法で利上げによる影響緩和を図る可能性がある。どのように行われるかは、ECBがインフレをどの程度警戒しているか、また、周辺国が利上げにどの程度耐えられるかに関するECBの見方を探るうえで重要になる。 

 短期金利の下限となる中銀預金金利(訂正)が0.25%に据え置かれる可能性もある。そうすることでリファイナンス金利の引き上げは象徴的なものとなり、市場金利への影響はほとんどなくなる。 

 理事会後に開催されるトリシェ総裁の会見も重要だ。総裁は、今回の利上げが必ずしも連続的な利上げサイクルの始まりではない、と強調する可能性がある。ただ、市場がその発言をそのまま受け止めることは恐らくないだろう。

 総裁が金利は「適切」との文言を用いず、インフレを「非常に注意深く」監視していく、と述べた場合、市場は数カ月以内に追加利上げがあると受け止めるだろう。 

 無制限の資金供給の終了時期については、総裁はおそらくはっきりと回答せずに、曖昧にする可能性が高い。

 無制限の資金供給は緊急措置として導入されたが、今や銀行にはあまりにも多額の資金が供給され、ECBは効果的に市場金利をコントロールできなくなっている。

 先月ユーロ圏当局者がロイターに明らかにしたところによると、ECBは金融機関支援に向け新たな流動性ファシリティーを近く設立する予定。この制度が導入されれば、無制限の資金供給はいずれ終了することになる。

 ただ、支援規模をめぐり理事会内で意見が分かれていることから、この計画は進んでいない。無制限の資金供給に替わる措置が現時点でないことを踏まえると、その終了時期を総裁が明示する可能性は低い。 

( 記者 Paul Carrel ;翻訳 伊藤恭子;編集 宮崎亜巳)

FC2 Blog Ranking

会津若松美容室

会津若松美容室カット

会津若松美容室パーマ

会津若松美容室カラー

会津若松美容室探し

会津若松美容室ヘアカラー

会津若松ヘアスタイル


上野美容室


中野美容室


自由が丘美容室

目黒美容室

下北沢美容室


小山美容室



土浦美容室


柏美容室


千葉美容室


立川美容室

八王子美容室


府中美容室


船橋美容室

津田沼美容室


松戸美容室



春日部美容室


白河美容室

高田馬場美容室

池袋美容室

郡山美容室

仙川美容室

仙川美容室ヘアスタイル

吉祥寺美容室

恵比寿美容室

宇都宮美容室

新宿美容室

おまとめローンのセレクト

おまとめローン保証人なし

仙川美容室カット

仙川美容室ヘアカラー

仙川美容室パーマ

仙川美容室カラー

仙川美容室

仙川美容室ヘアスタイル

仙台美容室

仙台美容室ヘアスタイル

仙台美容室カラー

仙台美容室パーマ

仙台美容室カット

渋谷美容室

原宿美容室

代官山美容室

町田美容室

水戸美容室

吉祥寺美容室ヘアスタイル

吉祥寺美容室カット

恵比寿美容室カラー

恵比寿美容室カット

宇都宮美容室パーマ

宇都宮美容室カット

新宿美容室パーマ

新宿美容室カット

町田美容室ヘアスタイル

町田美容室カット

郡山美容室ヘアスタイル

いわき美容室ヘアスタイル

いわき美容室

いわき美容室カット

おまとめローン情報



本庄美容室

伊勢崎美容室

高崎美容室

前橋美容室

横浜美容室

川崎美容室

越谷美容室

郡山美容室カット

吉祥寺美容室カラー

恵比寿美容室ヘアスタイル

宇都宮美容室ヘアスタイル

新宿美容室ヘアスタイル

町田美容室カラー

いわき美容室カラー

渋谷美容室カット

代官山美容室ヘアスタイル












スポンサーサイト
<< おまとめローン 長期間にわたる低金利維持は世界経済にとりリスク=豪中銀総裁 // HOME // ベンチャー蹴散らす「内弁慶」楽天に黒船 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://souza.blog96.fc2.com/tb.php/76-5b392999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。