セオリーどおりにはうまくいかない 書籍 マニュアル 他のコンサルタントでダメだった方
プロフィール

偶然再会

Author:偶然再会
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
相談窓口
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金融庁は、預金保険機構が全額出資する整理回収機構(RCC)に

、破綻した金融機関から預金や債権を引き受けて事業を継続する

「承継銀行」機能を追加することを決めた。

預金保険法の改正案を3月に国会に提出する。また、暴力団など

反社会的勢力が関係する債権を金融機関から買い取り、回収できる

権限もRCCに与える。

 RCCが今年12月をメドに、主要業務のひとつだった

住宅金融専門会社(住専)の債権の回収を完了することに伴い、

あらためて役割を見直す。

 承継銀行は金融機関が破綻した場合、より柔軟で効率的な

破綻処理を行うため、最終的な受け皿が出てくるまでの“橋渡し”

の役割を担う。これまでは預金保険機構がRCCと別に承継銀行を

新たに設立する必要があるうえ、存続期間も最大3年と決まっており

、コストや手間がかかり、使い勝手が悪かった。

 期限をなくしてRCCに機能を追加することで、承継銀行を設立

しなくてもいいようになり、破綻が断続的に起きた場合なども対応

できるようになる

FC2 Blog Ranking

おまとめローン保証人なし

会津若松美容室

賃貸物件

おまとめローンの明暗
スポンサーサイト
<< 常陽銀行、一部証券は「当面は自社株取得を優先させる」と予想 // HOME // 三菱商事、スペイン最大の太陽熱発電に参画 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://souza.blog96.fc2.com/tb.php/70-394af6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。